バロック建築が美しいロレッタ教会【チェコ旅行記9】

ロレッタ教会 サンタ・カーサ プラハ観光

Nový Svět(ノヴィー・スヴェット)通りの散策を終えて、さて、このあとはどうしようかな?と思いながら歩いているとロレッタ教会が目の前に現れました。

ロレッタ教会はチェコの有力貴族であるロブコヴィツ家のカタリーナが1626年に創建したバロック様式の教会です。

ロレッタ教会

13世紀、パレスチナにあった聖母アリアと幼いキリストが住んでいた家(サンタ・カーサ)が天使によってイタリアのロレッタ村に運ばれたという伝説があり、それを模した聖堂がヨーロッパ各地で建てられたのだそう。このロレッタ教会もそうして建てられたひとつです。

観光予定には入れていなかったのですが、美しい教会に見惚れて見学することにしました。

スポンサーリンク

ロレッタ教会

ロレッタ教会

ロレッタ教会
大人 150コルナ(約750円)
シニア(70歳以上) 130コルナ(約650円)
ファミリー(大人2人と15歳以下の子供) 310コルナ(約1550円)
学生 110コルナ(約550円)
子供(6~15歳) 80コルナ(約400円)

写真撮影は別途100コルナ(約500円)

詳細はロレッタ教会の公式サイト(英語)を見てください。

回廊

チケットを購入して中に入ると、美しいフレスコ画に彩られた回廊が目に飛び込んできました。

ロレッタ教会の回廊

回廊にはところどころに小さな礼拝堂があり、祭壇がしつらえてあります。装飾が見事。

ロレッタ教会
ロレッタ教会

サンタ・カーサ(聖なる家)

回廊に囲まれた中庭にはサンタ・カーサ(聖なる家)と呼ばれる建物があります。
伝説の聖母アリアと幼いキリストが住んでいた家を模したものです。

ロレッタ教会 サンタ・カーサ

サンタ・カーサの中に入ると、まず「赤色」が目に飛び込んできました。赤い色の印象が強いのですが、よく見ると銀の祭壇や杉で作られた聖マリア像が収められています。

ロレッタ教会 サンタ・カーサ

礼拝堂

回廊の奥にある礼拝堂。細やかな装飾と天井一面に描かれたフレスコ画がなんともゴージャス。

ロレッタ教会の礼拝堂

ロレッタ教会の礼拝堂

宝物庫

回廊の2階に上がると宝物庫があり、宗教儀式に使われた典礼用品などが展示されています。
6222個のダイヤモンドで装飾された聖体顕示台は必見の品。(写真左側)

思わずため息が漏れてしまうような品が展示されていました。

ロレッタ教会の宝物

旅行計画を立てていたときは観光予定に入れていなかったロレッタ教会ですが、立ち寄って正解でした。見ごたえのあるものがたくさんあり、しかも訪れている人が少ないのでゆっくりとみて回ることができます。

教会の入り口の上にそびえる鐘楼にとりつけられた27個の鐘は毎時ちょうどに「マリアの歌(昔の巡礼歌)」を奏でます。時間をかけて見学をしていたので、鐘の音を聴くことができました。

コメント