ペンズウィック(Painswick)への行き方と観光案内

本記事にはプロモーションが含まれています
ペンズウィックへの行き方 コッツウォルズ案内

「コッツウォルズの女王」とも称されるペンズウィック。丘の斜面にハニーストーンの建物が並び、教会の刈り込みが目を引く村です。17~18世紀頃の建物があり、坂道を下ると小川が流れています。

スポンサーリンク

ペンズウィックへの行き方(バスの便)

Stagecoach 66番のバス

Stagecoach 66番のバスルート

Stagecoach社の66番のバスはチェルトナムとストーンハウスを結ぶ路線です。

バスルート
  • チェルトナム(Cheltenham, Promenade1)
  • ペンズウィック(Painswick)
  • ストラウド(Stroud)
  • Dudbridge
  • King’s Stanley
  • Bridgend
  • Stonehouse

*一部の停留所を省略しています。

ペンズウィックまでの所要時間(目安)

  • チェルトナムから約40分
  • ストラウドから約10分

バスは季節や曜日によって便数や時間が変わるので、確認しておきましょう。

Stagecoach(公式サイト/英語)>>Timetablesの「Download bus timetable PDF」に「66」を入力して検索して「Cheltenham-Stonehouse」をクリック。

ロンドンからコッツウォルズへの行き方
コッツウォルズのバス路線図

ペンズウィックの地図

ペンズウィックの地図

ペンズウィックの観光

ロココガーデン(Rococo Garden)

ペンズウィックの中心部から1kmほどのところにある庭園。
1740年代に完成したがその後放置され、1970年代になって再現され公開された庭園です。

Rococo Garden(公式サイト)

セント・メアリー教会(St. Mary’s Church)

ペンズウィック(Painswick)、セント・メアリー教会(St. Mary’s Church)

15世紀の建物。
敷地にたくさん植えられているイチイの木は、100本目を植えると悪魔が抜きに来るので99本しか育たないと言い伝えられています。

The Beacon Benefice

ペンズウィック(Painswick)、The Beacon Benefice

ペンズウィックで泊まる(ホテル、B&B)

ペンズウィックにはホテルと数件のB&Bがあります。

The Painswick Hotel(ペンズウィックホテル)

レストランが併設された宿泊施設です。

The Painswick Hotel(公式サイト)

The Falcon Inn(ファルコン・イン)

レストランが併設された宿泊施設です。1554年建造。

The Falcon Inn(公式サイト)

Court House Manor(コート・ハウス・マナー)

B&B。

Court House Manor(公式サイト)

St Michael’s

ビストロとB&B。

St Michael’s(公式サイト)

コッツウォルズの各町(村)への行き方

ウィンチカム カースル・クーム コルン・セント・オルドヴィン サイレンセスター ストウ・オン・ザ・ウォルド スノーヒル スローターズ チッピング・カムデン テットベリー テュークスベリー ノースリーチ バーフォード バイブリー ブロードウェイ ペンズウィック ボートン・オン・ザ・ウォーター モートン・イン・マーシュ レイコック

コッツウォルズ旅行案内TOPに戻る

イギリスとコッツウォルズの関連書籍


created by Rinker
ユーキャン学び出版/自由国民社
¥1,980 (2024/06/14 16:10:48時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
TAC出版
¥1,150 (2024/06/14 18:56:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました