テットベリー(Tetbury)への行き方と観光案内

本記事にはプロモーションが含まれています
テットベリーへの行き方 コッツウォルズ案内

テットベリーは中世にマーケットタウンとして栄えた町。今はLong streetやChurch Streetにたくさんのアンティークショップが並ぶ「アンティーク」の町として知られています。

近郊にはロイヤル・ファミリーが別邸を構えています。

スポンサーリンク

テットベリーへの行き方(バスの便)

Pulham&Sons 882番のバス

Pulham&Sons 882番のバスルート

Pulham&Sons社の882番のバスはグロースターとテットベリーを結ぶ路線です。
サイレンセスターからテットベリーのみの便もあります。

バスルート
  • グロースター(Gloucester,Market parade)
  • サイレンセスター(Cirencester)
  • ケンブル(Kemble)
  • テットベリー(Tetbury)

*一部の停留所を省略しています。

テットベリーまでの所要時間(目安)

  • グロースターから約1時間15分~1時間40分
  • サイレンセスターから約25分~40分
  • ケンブル駅から約15分~20分

バスは季節や曜日によって便数や時間が変わるので、確認しておきましょう。

Pulhams&Sons(公式サイト/英語)>>BUS SERVICESに時刻表があります。882番をクリック。

ロンドンからコッツウォルズへの行き方
コッツウォルズのバス路線図

テットベリーの地図

テットベリーの地図

テットベリーの観光

チッピング・ステップ(Chipping step)

テットベリー(Tetbury)、チッピング・ステップ(Chipping step)

階段状になった通路にかわいい家が並ぶ通り。

セント・メアリー教会(St. Mary The Virgin Church)

テットベリー(Tetbury)、セント・メアリー教会(St. Mary The Virgin Church)

テットベリーのホテル、B&B

テットベリーには複数のホテルやB&Bがあります。

The Close Hotel(クローズ・ホテル)

16世紀初めに建てられた邸宅を改装したホテル。

The Close Hotel(公式サイト)

The Ormond at Tetbury(オーモンド・アット・テットベリー)

The Ormond at Tetbury(公式サイト)

The Priory Inn(プライオリー・イン)

The Priory Inn(公式サイト)

Oak House No1(オーク・ハウスNo1)

Oak House No1(公式サイト)

Snooty Fox Hotel(スヌーティ・フォックス・ホテル)

Snooty Fox Hotel(公式サイト)

Number Sixty Five

Number Sixty Five(公式サイト)

テットベリーでショッピングをする

テットベリーはアンティークショップが多く集まっている町。銀器や食器など手に取りやすいものも多いので、散策をしながら気になったお店を覗いてみるのが楽しいです。

コッツウォルズの各町(村)への行き方

ウィンチカム カースル・クーム コルン・セント・オルドヴィン サイレンセスター ストウ・オン・ザ・ウォルド スノーヒル スローターズ チッピング・カムデン テットベリー テュークスベリー ノースリーチ バーフォード バイブリー ブロードウェイ ペンズウィック ボートン・オン・ザ・ウォーター モートン・イン・マーシュ レイコック

コッツウォルズ旅行案内TOPに戻る

イギリスとコッツウォルズの関連書籍


created by Rinker
ユーキャン学び出版/自由国民社
¥1,980 (2024/06/14 16:10:48時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
TAC出版
¥1,150 (2024/06/14 18:56:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました