レイコック(Lacock)への行き方と観光案内

本記事にはプロモーションが含まれています
レイコックへの行き方 コッツウォルズ案内

レイコックは村全体をナショナル・トラストが保護をしていることで知られている村。古いものでは13,14世紀の建物が残っています。コッツウォルズでもわずかにしか残っていない、クラック・フレームという中世の建築構造の建物も必見。

美しい町並みは映画のロケに使われることも多く、レイコック寺院はハリー・ポッターで使われたことでも有名です。

スポンサーリンク

レイコックへの行き方(バスの便)

Faresaver X34番のバス

Faresaver x34番のバスルート

Faresaver社のX34番のバスはチッペナムとFromeを結ぶ路線です。

バスルート
  • チッペナム(Chippenham,Bus Station)
  • レイコック(Lacock)
  • Melksham
  • Trowbridge
  • Frome

*一部の停留所を省略しています。

レイコックまでの所要時間(目安)

  • チッペナムから約12分

バスは季節や曜日によって便数や時間が変わるので、確認しておきましょう。

Faresaver(公式サイト/英語)>>Current timetablesに時刻表があります。「X34」のpdfマークをクリック。

レイコックの地図

レイコックの地図

レイコックの観光

レイコック寺院(Lacock Abbey)

レイコック(Lacock)、レイコック寺院(Lacock Abbey)

ハリー・ポッターのロケ地にもなったレイコック寺院(レイコック・アビー)。
ハリポタファンでなくても美しい回廊は必見です。

Lacock Abbey,Fox Talbot Mueum and Village
(ナショナル・トラストの公式サイト/英語)

ハリー・ポッターのロケ地にもなった、レイコック寺院(レイコック・アビー)
レイコックの見どころの1つ、レイコック寺院(レイコック・アビー)。 レイコック寺院の歴史は13世紀初頭、ソールズベリー伯爵夫人エラ(Ela, Countess of Salisbury)によってアウグスチノ女子修道院として建てられたのが始ま...

タイズ・バーン(Tithe Barn)

titheは地主に農民が農作物の10分の1を納めていた税で、タイズ・バーンはそうして納められた農作物を貯蔵していた倉庫のこと。内部の見学ができます。

クラック・フレームの家(Cruck Frame House)

レイコック(Lacock)、クラック・フレームの家(Cruck Frame House)

クラック・フレームは古い建築構造で、A字形に2本の柱を組んでいます。

聖シリアク教会(St. Cyriac’s Church)

レイコック(Lacock)、聖シリアク教会(St. Cyriac's Church)

レイコックのホテル、B&B

レイコックには数は少ないですが、いくつかの宿泊施設があります。

The Red Lion(レッド・ライオン)

レストランが併設された宿泊施設。

The Red Lion(公式サイト)

Sign of the Angel

レイコック(Lacock)、Sign of the Angel

レストランが併設された宿泊施設。

Sign of the Angel(公式サイト)

Lacock Pottery Bed & Breakfast

B&B。

レイコックで食事をする

多くはありませんが、レイコックには何軒か食事ができるお店があります。

キング・ジョンズ・ハンティング・ロッジ(King John’s Hunting Lodge)

レイコック(Lacock)、King John's Hunting Lodge

お庭のきれいな人気のティールーム。

King John’s Hunting Lodge(公式サイト)

ジョージ・イン(The George Inn)

レイコック(Lacock)、ジョージ・イン(The George Inn)

The George Inn(公式サイト)

The Stables Tea Room

ティールーム。

The Red Lion(レッド・ライオン)

The Red Lion(公式サイト)

Sign of the Angel

Sign of the Angel(公式サイト)

レイコック旅行記

コッツウォルズの各町(村)への行き方

ウィンチカム カースル・クーム コルン・セント・オルドヴィン サイレンセスター ストウ・オン・ザ・ウォルド スノーヒル スローターズ チッピング・カムデン テットベリー テュークスベリー ノースリーチ バーフォード バイブリー ブロードウェイ ペンズウィック ボートン・オン・ザ・ウォーター モートン・イン・マーシュ レイコック

コッツウォルズ旅行案内TOPに戻る

イギリスとコッツウォルズの関連書籍




コメント

タイトルとURLをコピーしました